マルチタスク (Fast App Switching)を無効化する

Fast App Switchingと呼ばれるiOS4のマルチタスク機能を使わないようにする方法です。
バックグラウンドに入った時にサスペンド状態にならないようなコードを書こうとして苦戦していましたが、Info.plistに設定を追加するだけでマルチタスク機能を無効化することができます。

マルチタスクを無効化するには、XcodeのResourceグループにある(アプリケーション名)-Info.plistを編集します。
Info.plistを選択すると編集ペインにプロパティリストエディタが出てきますので、ここでApplication does not run in backgroundというキーを追加します。

Application does not run in backgroundは、プルダウンの選択で出てくる物を選べばBOOL値に設定されていますので、value部分に出てくるチェックボックスをONにすることで有効になります。

Info.plistでFast App Switchingを無効にする

カテゴリー: 実例ノウハウ集 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です