証明書の要求とインストール

iPhoneアプリを実機用にビルドするためには、開発用のMacにApple Developerの証明書が必要となります。
証明書は、DevelopmentとDistributionの2種類があります。
Xcodeを使い開発用のデバイスにインストールするための証明書がDevelopment、Ad HocモジュールのビルドやApp Storeでの公開に必要な証明書がDistributionです。

では、早速、証明書の要求とインストール手順を見ていきましょう。

ここでは、Developmentの画面を使って説明を行ないますが、Distributionも方法は同じです。

証明書のリクエストを作成する

まずは証明書のリクエストを作成します。
アプリケーションのユーティリティの中にある「キーチェーンアクセス」を起動します。
アップルメニュー(画面上部のメニューバー)の「キーチェーンアクセス」から「証明書アシスタント」「認証局に証明書を要求…」を開きます。

証明書のリクエストの作成

メールアドレスにはApple IDに登録したメールアドレスを、通称(コモンネーム)にはAppleに登録した英語表記の氏名を入力します。
名前は、プロビジョニングポータルにログインし、「Welcome to なんとか」と出ているところからコピペすると良いでしょう。
CAのメールアドレスは入力不要です。
要求の処理はディスクに保存を選び、鍵ペア情報を指定にチェックを入れます。

続けるをクリックし、証明書のリクエストを保存します。

続いて鍵ペア情報の指定画面に遷移しますので、鍵のサイズは2048ビット、アルゴリズムはRSAを選択して次に進んでください。

ここまでの操作が完了すると、キーチェーンアクセスに秘密鍵と公開鍵のペアが作成されます。

証明書要求とダウンロード

ここからはプロビジョニングポータルのCertificatesを選択して作業を続けます。

Certificatesからの操作

Request Certificateボタンをクリックすると、リクエストの作成方法が英語で書かれたページに遷移します。

証明書リクエストの送信

一番下にあるアップロードボタンで、先ほど作成したリクエストファイル CertificateSigningRequest.certSigningRequest を選択し、Submitします。
証明書の一覧画面に戻ると、StatusがPending Issuanceとなっていますが、Developタブ(Distributionでの作業時はDistributionタブ)をクリックしてページをリロードすると、すぐに準備が完了してダウンロードボタンが現れます。

証明書のダウンロード

ここからダウンロードした証明書をダブルクリックすると、キーチェーンアクセスが起動し、証明書の追加についてのダイアログが表示されます。

キーチェーンへの証明書の追加

追加ボタンをクリックして証明書の取り込みを完了します。

WWDRのダウンロードとインストール

さらに、これまでApple WWDRの証明書を取り込んだ事が無い場合(普通の使い方をしている場合は無いでしょう)は、Certificatesの画面からWWDRをダウンロードして、上記の証明書と同様の方法でインストールしておきましょう。

WWDRのダウンロード

このWWDRのインストールは一度行なっておけば、Distributionの証明書を取得する時に再度行なう必要はありません。

カテゴリー: iPhone実機でのテスト パーマリンク

証明書の要求とインストール への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 開発者登録の更新と必要な作業 « iPhoneアプリ開発備忘録

  2. ピンバック: pushNotification programming メモ » nafuBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です